読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積極的後進

後ろ向きに全力ダッシュ

卒業シーズンを過ごしたので振り返ってみた

この卒業シーズンはいろいろあったので振り返ってみます.

  • 賞状をいただいた話

賞状いただいてしまいました.学生研究発表会らしいです.卒研発表とほぼ変わらない内容で発表したので,やっぱり査読と同じツッコミを受けました.ですよねー.正直僕もその辺どうにかすればよかったと後悔してる

それでもなんだかんだで無事発表終わりました.特に座長とか他の先生方から声をかけられたりとかもなくあまり注目はされていない感じだったので何もないだろうなーと思っていたのですが,最後の表彰式で名前を呼んでいただけました.優秀賞らしいです.

実は僕が学業でこういった賞を受賞するのは生まれて初めてなので素直に嬉しいです.しかし同時に自分の研究成果がそれに見合うものだっただろうかという疑問は残りました.もっと良くできたのでは,という後悔はもっと残りました.

何にせよ一つの大きな経験と,自信に繋げることができました.このような光栄な賞を授かったこと,そのチャンスを与えてくれた我らが教授には感謝してもしきれませんね.
次はもっと良い発表できるように頑張ろう.


  • バイト卒業した話

3年と半年少しお世話になったバイト先を退職しました.
初めての長期アルバイトで失敗の連続,お前勤め出して何年だよってミスもたくさんしました.店に何かできたかと聞かれるとかなり不安が残ります.もらってばっかりだったので.人前での話し方,お客様との接し方,仕事の進め方,後輩の育て方,社会で生きていく基本をあの店で教えてもらいました.こればっかりは学内にいても得られなかったと思います.

いまだに接客は苦手としか言えない感じですが,一生懸命やれば自ずと道が見えてくることだけは確かなようです.教えてもらったことを胸に,下宿先でもきっと接客業をします.また何か,恩返しできれば良いなぁ.


というわけで,高専も卒業しました.入学当初から心配で事実一度挫折しかけましたが何とか5年ストレートで卒業することが出来ました.
こんなクズと一緒に居てくれた友人諸氏と,支えてくださった先生方に心からの感謝を.周りの支えがなければ何もできないということを思い知りました.人は独りではどうしようもないのですね.
この5年間で様々な経験,出会いと別れを経験しました.中でも,Twitter高専カンファなどが僕を変えるきっかけをくれたというのは紛れも無い事実だと思います.すごいもんですね.そうでなければ今頃高専を退学している気がします.

苦しいこともたくさんありましたが,やっぱり楽しい5年間でした.5年かけて,勉強する楽しさを少し分かれたような気がします.そして何より,かけがえの無いダチを得れたこと.ホントに,高専に来てよかった.

卒業式後の謝恩会で酔っぱらいながら内心好きだった女のコにちょっかい出したし思い残すことは…
もうちょっと積極的になればよかったんや…


ともあれ,この充実した気持ちで僕は奈良を出てゆきます.最後に,家族への感謝を.
今までありがとう,これからもよろしくね.





そうこうしているうちにあと1週間ほどで奈良を出る感じです.最後の最後まで,悔いのない生活を.
そして次に向けてのパワーを.大学生になるけど,高専生らしくもある感じで.
さて,行こう.